読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しがりません、勝つまでは!雑記

ゲオやTSUTAYAで借りる物がなく突っ立っているそこのアナタ、迷わずコレを観よ!という導きなる映画評論。騙され騙されと思って見てみなさい。しかしながら、投資は自己責任でお願い致します。あと、不動産売買仲介の現場最前線をお届けしてみる。

映画評論8 マッドウォーリーズ頂上決戦 星1

B級格闘ムービーと侮ると痛い目に合う。 タイトルで彷彿とさせるマッド、つまり狂ったファイターなんか何処にもいないのだ。 開始1時間経ってもマッドなトチ狂ったファイター野郎は出てこない。

主人公役マイケルはなぜか空手だし、本物現役ファイターのジョッシュも普通だし、アクションは確かに面白いけど…理性的。

しかも何故か舞台はタイ。なんで? タイなのにムエタイの選手が全然出てこない…

アメリカの黒人白人がタイで戦う映画かよと諦めていた終盤戦…お、おお!?

なるほど!そういうことだったのか! そこでこういう演出か!

タイトルのマッドウォーリアーズ 意味がわかったよ。憎い、憎いぜ。

マッハシリーズが大好きな方々なら 私の言った意味がわかるだろう。

たった2分、されど2分。 あんなトニージャーは見たことない。

この映画を最後までみると、自動的に消化不良を患い、ゲオの旧作コーナーに意味もなく向かい、思わずマッハシリーズに手を伸ばしたくなるスイッチが入るわけだ。

いやあ、こんな深い映画だったとは。 マッハシリーズのステマ映画だったとは…

それな!